読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

158cm

身の丈にあった生活をめざす生活ノート

走ることと断捨利

何年か前から、ランニングを続けています。

といっても毎日ではないし、距離もそのときの調子で決めます。

決めごとをしてしまうと続かなくなってしまうタイプなので、

走れるときは走ろう、って感じで続けています。

なので、季節や忙しさによって、

たくさん走れる月もあれば、全然走れない月もあったりしますが、

まぁ、あまり細かいことは気にしません。

 

始めの頃は、平坦な道を2キロくらい走るだけでグダグダでしたが、

今ではだいぶ走れるようになりました。

走るコースがいくつかあるのですが、

よく走るのは、5キロコースと8キロコース。

 

 きっかけになったのは、

何年か前に、オットの同僚たちに誘われて始めたトレイルランニング

その体力作りのため、ランニングを始めたのでした。

 

オットはトレイルランニングに力を入れていて、レースにも参加するのですが、

私は、プレッシャーに弱いのでレースはあまり好きではありません(笑)

オットと一緒にたまーに近くの山に走りに行く程度で十分満足しています。

 

そんなわけで、

オットとたまに山を走りに行くためにも、健康のためにも、

日常的なランニングの習慣は細く長く続けていきたいなぁ・・・、

と思っているところ。

 

 

ところで・・・

走っていると頭にいろんなことが浮かびます。

その日にあったこと、失敗したこと、いやだったこと、

嬉しかったこと、悩んでいること・・・いろんな思いが浮かぶのですが、

そうした思いを1つずつ、ポイッ、ポイッと、

走りながら落としていくようにしています。

いやだなって感情もよかったなって感情も、一つずつ手放していくような感じです。

 

そうして走っていくと、走り終わったとき、なんだかとってもスッキリします。

 

本当はなんにも考えずに走れるといいそうですが、

雑念が多い私は、ときどきそんなふうにして、意識して雑念を払うようにしています。

 

これを始めたきっかけも、

どこかで聞きかじって実践し始めたような気もするけど、

すっかりど忘れ(笑)

 

でも、特に雑念が多くてもやもやっとしているときに、

気持ちを切り替えるのにちょうどいいやり方で気に入っています。

 そして、この雑念を手放していく方法、断捨利と似ているなぁ、

とふと思いました。

 

断捨利をして、 

必要のないものを削ぎ落とすと、

本当に必要なモノが見えてくる。

 

走りながら、

頭の中にある雑念を一つ一つ手放していくと、

頭の中が空っぽになってスッキリする。

 

最近あんまり走れていないので、

明日あたり、走れるといいなぁ・・・