158cm

身の丈にあった生活をめざす生活ノート

ゴミのこと

先日、立て続けに2回ほど、

市のゴミ処理場へいってきました。

 

1回目は、これまで使っていたお風呂のふたと、

ベランダで使っていたちょっと長めの板の処分。

2回目は、座椅子とボウリングの玉の処分です。

 

私の住んでいる町では、粗大ゴミは、自分でゴミ処理場まで届けます。

今回2回とも、ゴミ処理場が混んでいて、

処理がすむまで、15分くらいかかりました。

 

ゴミ処理場では、車に乗ったまま受付をします。

住所等を書類に書き、それを確認するために、

免許証などの提示をします。

それから、不燃ゴミか可燃ゴミ、

それぞれの場所まで車で行って、

引き取ってもらいます。

 

ゴミをまとめて1回で行けばよかったのですが、

2回目の座椅子とボウリングの玉は、突然だったので、

結局2回になったのでした。

しかも、行ってみましたら、ボウリングの玉は、

市の処理場では引き取れないとのこと。

 

ゴミ処理場のおじさんが、

ボウリングの玉を処理してくれる、

市内の産業廃棄物を処理する業者さんを紹介してくれたので、

そこへ持って行くことにしました。

 

その日は時間が間に合わなかったので、

その業者さんへは翌日行って、

500円で引き取ってもらいました。

 

今回、ゴミを捨てるのには、時間も手間もお金もかかりました。

これまで使ってきたものですし、

それだけの恩恵を受けてきたとは思うので、

当然のことだと思います。

でも、

私が出したゴミを処理するために、

ゴミ処理場では、さらに手間と時間がかかり、

さらに、環境への影響だってあるはず。

いろいろ考えなければならないことがあるんだなぁ・・・と、

実感しました。

 

そして、だからこそ、

無駄な買い物をしてゴミを増やさすことがないようにしたいし、

モノを大切に使っていきたいなぁ・・・と、

改めて思ったのでした。