158cm

身の丈にあった生活をめざす生活ノート

断捨利のこと*洋服*

断捨利といえば、洋服のクローゼット。

もともと、それほど多いわけではなかったけれど、

 

また着るかも・・・

買ったとき高かったし・・・

 

といった、よくある言い訳をしながら、

着ない服をクローゼットの肥やしにしてきました。

 

が、一方で、クローゼットをすっきりさせたい思いは、

ずいぶん前からあって、

“永遠のテーマ” みたいになってましたので、

ときどき見直しては、ちょっと処分、

みたいなことは繰り返していました。

 

が、昨年の春あたりだったのか、

けっこう、思いっきり、服を処分しました。

というか、処分できました。

そして、それ以降、

洋服選びに時間がかからなくなってきていることに、

気がつきました。

 

雑誌をみて、あんな感じも、こんな感じも着てみたい!

と、テイストの違う服が、入り交じっていた20代の頃より、

30代も後半に入って、着たい服のイメージが、

よりはっきりしてきたことも、

着ない服を思い切って捨てるには、

必要な要素だったように思います。

 

そういう点から考えると、

方向性がはっきりさせられなかった20代〜30代前半は、

捨てたくても捨てられなかったのだろうし、

ま、若さゆえ、しかたなかったのかなーー・・・

な〜んて思ったりして(笑)

 

ま、そんな経緯があってこその今!

ビバ・30代後半です♪

 

ちなみに、

30代も後半になりました私のクローゼットに残った服は、

  • 着ていて、体の動きが楽な服
  • 着ていて、心が楽な服(お上品にしてなくちゃ、とか、背伸びしなくていい服)
  • 着てみて、好きだなーって思える服

(あ、あとおまけの条件として、できるだけ、自分で洗濯できるもの)

 

です。

洋服って、見た感じが好きでも、

試着をしてみるとイメージと違ったり、

好きなデザインでも着心地がイマイチなことはよくあるので、

着てみた感じを重視するようになったようです。

 

とすると、

自分目線で選べているか、って大事かも。

たぶんこれまで、

人から見られてどうか、を意識して選ぶところが、

少なからずあったと思うのですが、

そんな時代を乗り越えて(笑)、

ようやく最近、

自分目線で選べるようになったのかもしれません。

 

それで、よくよく自分の着る服のサイクルを見てみますと、

着回している服は、かなり少ない。

今年の夏、よく着たトップスは5着程度。下も、4着程度。

 

な〜んだ、そんなもんか、って感じなのです。

 

それで、昨日改めて、またクローゼットの見直しをして、

処分していいと思えるものがまだあったので、

それらを処分しました。

 

で、記録としてクローゼットの中を写真に撮って、

せっかく始めたブログにアップしようじゃないか、

と思ったのですが、

最近のぞかせていただいている、

ミニマリストさんたちのクローゼットに比べたら、

まだまだ、足下にも及ばないし、

しかも、やっぱりちょっと恥ずかしさもあったりなんかして、

載せるのをためらっておりました・・・

 

 

が、載せます(笑)

f:id:acott-net:20151117183843j:plain

f:id:acott-net:20151117183850j:plain

後々、やっぱり、はずかしい!と思ったら、

写真のみ削除するかもしれません(笑)

 

洋服の断捨利のツボ

  • 着たい服のテイストをしぼろう
  • 自分の目線で選ぼう