158cm

身の丈にあった生活をめざす生活ノート

水回りの掃除のこと*台所*

10月から始めたトイレ掃除とともに、

なんとなく、その他の水回りの掃除の仕方が、

変わってきました。

 

それは、

 汚れをしっかり落とすこと

排水口まできれいにすること

 

まずは、台所について。

 

もともと、

 一つの行動に対し、片付けまでして完了

 

という意識は持っていましたので、

以下4つの項目は習慣にしてきました。

 

  1. ガスコンロやその周りの壁は、使ったら拭く
  2. 五徳は、汚れたときに洗う
  3. 食器を使ったら、洗う→拭く→しまう
  4. ガスコンロの魚焼き器は、魚を焼いたら洗う

 

ただし、上の、1〜4は、絶対、というふうにはしていません。

時間的に厳しいとき、ちょっと疲れちゃったな、って時には、

はぶいちゃったり、あとでやったりします。

 

例えば・・・

3.食器を使ったら、洗う→拭く→しまうは、

洗うだけで時間がないときは、ふきんの上に伏せておいたり、

洗う時間もなければ、シンクにいれておいて、

次に台所にきたときに洗う、とか。

 

4.ガスコンロの魚焼き器は、魚を焼いたら洗うは、

ホイル焼きにして、魚焼き器自体が汚れなかったら

洗わなくてオッケー!とか。

 

少し幅を持たせた習慣、という感じです。

 

ただ、こんなふうに、わりとまめにしてきたつもりでも、

シンクには少しずつ汚れが蓄積されるのか、

茶色っぽくなってくるのです。

毎日やっていても、というか、

毎日やっている安心感から、

ちょっと雑になってしまっていたところも、

否定できません。

 

実は、トイレ掃除を始めてから、気づいたことがありました。

それは、私のこれまでの掃除は、

掃除をした、ということだけに満足して、

汚れとちゃんとむきあっていなかった ということです。

 

言ってみれば、

「掃除すればいいんでしょ!」的な感じ、でしょうか(笑)

 

そんなことに気がついたので、

夕食後の片付けのときには、

その日一日の汚れをしっかり落として、

汚れを残さないようにすること

を心がけています。

 

ガス台など、油っぽいときには、

アルカリウォッシュを水に溶かしたものをスプレーして拭いたり、

シンクについては、排水口まで掃除することにしました。

排水口は、毎日やっていると、

ヌルヌルした汚れがつかなくて、楽に掃除できます。

 

見た目にも、今までのような、たまった汚れがなくなって、

スッキリした感じ!

ということで、このまま習慣にしていこうと思います。

 

アルカリウォッシュ 500g

アルカリウォッシュ 500g